更新日 2017-03-23 (木)
  1. 川野辺 ホーム

ラクダ毛のヒミツ


どんよりと腰がだるいと感じることはありませんか?

■腰痛の主な原因のひとつは、血行障害です。

血行がよくなれば鈍くなっていた患部の血液循環もよくなり、痛みが緩和されます。温泉に入ると痛みが緩和されるのは、血行がよくなるからです。

特に注意が必要なのが就寝中です。

就寝中は、筋肉が緩みダランと力の抜けた状態となり、余分な圧力が腰にかかりやすく、さらに活動時よりも血液循環が鈍くなります。起床時に痛みなどを感じやすくなるのは、そのためです。

汗を吸い取らない敷きふとんを使用していると、汗で蒸れてしまい身体が冷え血行が悪くなってしまいます。

腰痛の方は、マットレスの上に直接寝ないほうが良いとされているのは、マットレスは、ほとんど汗を吸い取らないからなのです。


■ふたつめは、寝るときのお尻が落ち込むような姿勢です。

柔らかくて支えが足りないマットレスで寝ると、お尻が下がってしまいます。
なぜなら、仰向けになった場合、お尻が一番重く体重のおよそ44%の荷重を受けるからです。

また、敷きふとんの主流となっている羊毛(ウール)は、吸湿・発散性に優れており、敷きふとんに向いている素材なのですが、絡まりやすい繊維構造で荷重を最も多く受けるお尻の部分が徐々にヘタって落ち込んでしまうという弱点があるため、腰痛の方にはあまり向いていません。

そのため、汗の処理に欠かせない優れた吸湿・発散性とともに、身体への負担を分散させるための体圧分散性、腰を常に安定して支えられるだけの強靭な支持力・耐久性を持ったまさに理想の素材を、常に追い求め続けてきました。そして、長いときを経て、モンゴル奥地のゴビ砂漠でやっと出会えたのです。

そう、フタコブラクダに・・・。


フタコブラクダ


それから3年4ヶ月の年月をかけて作り上げられた世界初のフタコブラクダの敷き寝具が「らくだ敷きふとん」なのです。


ウレタンマットレス らくだ敷きふとん
ウレタンマットレス   らくだ敷きふとん


2010年現在、全世界で約1400万頭のラクダが生息していますが、フタコブラクダは、そのうちわずか10%しか生息していません。

この「らくだ敷きふとん」は、そんな希少なラクダ1頭でシングル1枚分しか作れない大変貴重なものです。

想像してみてください。
汗で蒸れてしまい、寝苦しそうにしているあなたを。


さて、朝の目覚めはどうでしょうか?
汗で蒸れて血行が悪くなり、頭や肩、腰に重さやダルさを感じているはずです。

ラクダ毛がビッシリと詰まった敷きふとんならそんなことはありません。
睡眠中には、身体からコップ一杯ほどの汗を放出しますが、そのほとんどが敷きふとんに吸収されます。
敷きふとんが吸収した汗を素早く放散することが出来れば、汗で蒸れてしまうこともなく、身体が温まり血行が良くなるわけです。放湿性が羊毛(ウール)のおよそ2倍もあるラクダ毛は、汗を処理する能力がずば抜けて素晴らしいのです。


ラクダ毛  飛びぬけた吸湿、放湿性で、蒸れずにいつでもさわやか。


イメージしてみてください。
お尻の下が落ち込んだ状態で寝ているあなたを。


さて、あなたの腰はどうなっていますか?
お尻が重みで落ち込んで、腰に違和感を感じているはずです。

ラクダ毛がビッシリと詰まった敷きふとんならそんなことはありません。
20cm以上もあるラクダ毛は、太くて丈夫で腰が強く、天然素材の中でも飛びぬけて強靱なため、腰をしっかりキープしてくれます。そして羊毛(ウール)とは違い、ラクダ毛にはスケールは見られず、毛が絡み合わないため、荷重を最も多く受けるお尻や胸の部分がヘタって落ち込むということがありません。


ラクダ毛  強靱なラクダ毛のハンモック効果で、

 腰をしっかりキープ。


その差は、本当に驚異的な寝心地の差になってあらわれてきます。

だから寝心地が抜群に良く、腰も沈まずに気持ち良くぐっすりと深い眠りが出来るのです。

※側生地にポリエステルが使用されていたり、ウレタンなどの化学繊維が中芯に混入されていたりする類似品には注意が必要です。ラクダ毛の優れた機能を活かしきれず、ハンモック効果も期待できません。

また、「陰干ししてください」「水洗いは避けてください」などの注意書きのある製品は、薬品が使用されている可能性が高いです。

ラクダは、「日光」や「水」を浴びながら生活しています。「日干し」や「水洗い」が出来ない訳がありません。

紫外線や水に弱い薬品を使用していると、溶けたり劣化して悪臭が発生してしまうため、日干しや水洗いが出来ないのです。無理矢理に洗うと薬品がとれてしまい、悪臭が漂ったり、身体に悪影響を及ぼしかねませんので、必ず購入する前に確認してみましょう。
下線

栃木県栃木市